露天神社(お初天神)/大阪市
 
露天神社(つゆてんじんしゃ)は、元禄十六年四月七日、堂島
新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が当
社「天神の森」にて情死する事件が起あり、これを近松門左衛
門が「曽根崎心中」として劇化したことで大評判となり、参拝
者が大勢押しかけ
、「お初天神」と通称されるようになりました。

近畿地方へ戻る 次へ