宮島土鈴 厳島神社 玉取祭/廿日市市(宮島町)
 
玉取祭は、昔は「延年祭」と言われ、旧暦の7月14日頃(現在では8月
の正午前後が満潮時に当たる日曜日)に厳島神社本社と大鳥居の間
の海中で若者たちが直径20p位の楠でできた宝珠を奪いあう勇壮な
お祭りです。 最後にその宝珠を3箇所の注進所に持ち込んだ者には、
将来幸運が約束されると言われている厳島神社の年中行事です。

前へ 宮島土鈴へ戻る 次へ