萩焼 鈴/萩市
 
萩焼は16世紀末に毛利元就公が朝鮮の名陶工を招致し、
藩の御用窯としてその伝統を伝えたことに始まります。
国内の陶器の中でも「一楽二萩三唐津」と称されるよ
うに、茶陶として茶人の間で広く愛用され、現在に至
っています。

前へ 山陽地方へ戻る 次へ